アジア児童文学大会の歩み

 アジア児童文学大会は、1990年にソウルで第一回大会が開かれて以来、2~3年に一度、韓国・台湾・中国・日本で順次開催されています。

 

 第1回  1990年8月9日〜8月12日  韓国・ソウル

    (日本13名、中国4名、韓国23名、ラマダオリンピアホテル)

             (テーマ:21世紀の児童文学の展望)

 第2回  1993年8月28日~30日  日本・福岡県宗像市

    (日本 名、中国 名、韓国22名)

              (テーマ:アジアの視点から見た児童文学) 

 第3回  1995年11月3日〜7日 中国・上海

    (テーマ:経済発展が児童文学に何をもたらしたか)(参加者:100名)

 第4回  1997年8月4日~9日  韓国・ソウル(第1回ソウル世界児童文学大会)

    (日本28名、中国40名、韓国 名、台湾19名、欧米12名、ラマダオリンピアホテル)

    (テーマ:世界児童文学の現状と未来)

 第5回  1999年8月7日〜12日  台湾・台北

    (テーマ:21世紀のアジア児童文学)

             (参加者:200人)

 第6回  2002年8月21日〜25日 中国・大連

    (テーマ:)

              (参加者:200人)

 第7回  2004年8月4日〜9日  日本・愛知県名古屋市、富山県大島町

    (テーマ:)

              (参加者:200人)

 第8回  2006年8月21日~25日  韓国・ソウル(第2回世界児童文学大会)

    (テーマ:平和を志向する児童文学)

             (参加者:300人)

 第9回  2008年7月26日~30日  台湾・台東・台東大学

    (テーマ:)

              (参加者:120人)

 第10回  2010年10月15日〜19日 中国・浙江省・浙江師範大学

    (テーマ:)

              (参加者:200人)

 第11回  2012年8月22日~25日  日本・東京・国連大学

    (テーマ:)

              (参加者:200人)

 第12回  2014年8月8日~12日  韓国・昌原市・昌原コンベンションセンター(第3回世界児童文学大会)

    (テーマ:子どもたちに夢を与える文学)

 第13回  2016年8月11日~15日  台湾・台東県・国立台湾史前文化博物館、国立台東大学

    (日本20名、中国33名、韓国23名、香港8名)   

    (テーマ:アジア児童文学と童年(児童期、子ども期)への想像)(参加者:200人)

 第14回  2018年8月17日~21日  中国・湖南省・長沙市

             (テーマ:アジア児童文学の境遇とこれから)(参加者:300人)